看護師の仕事と給料イメージ

看護師の仕事と聞くとどんなイメージがありますか?

白衣の天使?病院になくてはならない存在?奉仕と慈悲にあふれた尊い存在?子供の頃からの夢?

たしかにどれもイメージとしては、当てはまりますね。

でが実際の仕事はどうなのでしょう?

実は看護師の仕事というのは、危険なもの処理もあるし重いものも持たないといけないし、目を背けたなくなる場面に出くわすこともあるかもしれない。

さらには夜勤もある場合もあるし、早朝の勤務もあるかもしれないし勤務時間だって長時間の場合もあるかもしれない。

ここまで聞くと最初に考えた純白の天使といったイメージからは程遠くて、むしろ危険・きつい・汚いを地でいくような仕事かもしれないですよね・・・。

じゃあ何でこんな過酷な職業にみんななりたがるの?

それは子供の頃からの夢?他の職業と比較しても、専門性が高く給料がいいといわれるから?

一般的な人はそう思うのかもしれないけれど・・・

やはり現場で実際に働く看護師さんとしては、看護師の職場にやりがいや生きがいを感じる。

そのあとで特別な職業ということで、給料がいい(ここで確認出来ますナースなワタシのお給料 【看護師の年収を比較】)ということが付いてくるのではないでしょうか?

いや、実際にもそうであって欲しいですね。