看護師の種類とその給料

看護師・看護師とは簡単に言うけれども、看護師ってみんな同じ資格を持っていて、みんな同じ横並びの職業なの?

そしてみんな同じような給料をもらっているの?私たち一般人からすると、大変不思議に思える点の一つであります。

そこでちょっと看護師の世界をのぞいてみることにしましょう。

看護師の職業というのは、実は看護師・准看護師とその他の看護師資格の必要な仕事に分けられます。

例えば准看護師は都道府県知事の認可が必要です。

ですが正式な看護師になると厚生大臣の正式な認可というものを受けて、晴れて看護師として羽ばたくことができるのです。

都道府県知事と厚生大臣・・・・なんとなく看護師は立場が上のような感じがしますよね。

じゃあ立場が上そうだから、看護師のほうが大変なの?というとそれもそうではなく、同じ職場では同じような待遇で、同じような給料で同じようにみなさん頑張っているのです。

ただ同じような待遇と給料といっても、実際は長く働いていくと両者の差は出世であるとか、給料といった面には歴然と差が出てくるのが現状なのです。

このようなことから察するに、実は看護師のほうが気持ち立場が上であるということが、看護師の世界の常識だということが見えてきます。