看護師の給料と年代別待遇

看護師さんというと、大変な仕事であるということと同時に、なんとなく比較的他の女性の職業よりも給料も待遇も圧倒的にいいのではないかという気がしますよね。

また最近は看護師の需要や求人というのもますます増えてきて、例えば給料に納得できないという場合でも、わりと失敗なく職場を変われる職業だと思います。

じゃあ、看護師ってぶっちゃてどの程度の給料をもらっているの?興味津々ですね~。

これは例えば新人の看護師であったとしても、平均ですがおよそ450万くらいの年収があるといわれています。

さらには30代の中堅看護師になってくると、500万前後、さらに主任や婦長などの役職が付いたり40代のベテランの域になってくると600万~は堅いのではないかといわれています。

ではこの後も50代やそれ以上になってきて上がり続けるとそうなのかというと、やはりある程度の年齢になってくると、看護師という激務ゆえに交代勤務などが体力的にきつくなってきて退職してしまう人も多く、一概に多くもらえるとは言えません。

ただ同じ職場で働き続けると、それなりにもらえるということも否定はできませんね。

ただやはりこれだけの給料が得られるということは、逆に看護師という仕事がいかに大変な仕事であるのかということがわかりますね。